植村 太郎

植村 太郎

名フィル客演コンサートマスター

1984年2月6日桑名市生まれ、4歳の頃より母にヴァイオリンの手ほどきを受け、幼少の頃より数々のコンクールで賞を受ける。名古屋市立菊里高校、桐朋学園大学を首席卒業。ドイツ国立ハノーファー芸術大学、ジュネーヴ音楽院(ジュピター弦楽四重奏団として在籍)、ドイツ国立ハンス・アイスラー音楽大学(ベルリン)卒業。

 

桐朋学園在学中には桐朋学園音楽部門特別奨学金を授与され、また4年次に第74回日本音楽コンクール、ヴァイオリン部門にて第1位、同時に黒柳賞、レウカディア賞、鷲見賞、岩谷賞(聴衆賞)を受賞する。卒業時に皇居の桃華楽堂にて御前演奏を行なう。これまでヤング・プラハ国際音楽祭に招待されチェコ各地にてリサイタル、協奏曲を演奏したのをはじめ、名フィルの定期演奏会のソリスト、武生音楽祭、NHK名曲リサイタルほか様々な音楽祭に出演し、各地のオーケストラにソリストとして招かれる。東京フィル、名フィル、東京交響楽団、セントラル愛知交響楽団、サイトウ・キネン・オーケストラ、プラハ交響楽団、ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団などと共演。とりわけ、2011年9月にザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団と共演をしたモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第5番の演奏は、高く評価をされている。これまでヴァイオリンを(故)久保田良作、立田あずさ、林茂子、原田幸一郎、漆原朝子、シュテファン・ピカードの各氏に師事。

 

室内楽にも積極的に取り組み、2004年には自らを組織したジュピター弦楽四重奏団を結成。これまで紀尾井ホールで行なわれたブラームス、シューマン、バルトークの全曲演奏会や、JTアンサンブルシリーズ、ブラームス協会演奏会に度々登場、各地でコンサート、また定期演奏会をもつ。日本のみならず欧米でも評価され、アメリカのノーフォーク音楽祭に招待されたのをはじめ、ヨーロッパでも演奏し絶賛されている。室内楽を東京クヮルテット、ジュリアード四重奏団、フェルメール四重奏団、アルバン・ベルク四重奏団、ガボール・タカーチ=ナジ、今井信子の各氏らに師事。これらの取り組みは、ドキュメンタリー番組「カルテットという名の青春」としてBS朝日でも放送されている。

 

桐朋学園在学中から桐朋学園オーケストラのコンサートマスターを務め、水戸室内管弦楽団、宮崎国際音楽祭、PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)、小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト、東京のオペラの森、東京アンサンブルなどに出演するほか、各地のオーケストラからコンサートマスターとして招かれる。

 

現在、ベルリンに拠点を置きヨーロッパを中心に、フランクフルト歌劇場にコンサートマスターとして招かれているほか、ソロ・室内楽奏者としてヨーロッパを中心に演奏活動をしている。国内では、フコク生命パートナー・アーティスト、名フィル客演コンサートマスターなどを務めているほか、東京芸大、愛知県芸で多くの弟子を育てている。使用楽器はNPO法人イエロー・エンジェルより貸与されている銘器T.バレストリエリ(1760年)。

PAGE TOP