小林 研一郎

小林 研一郎

名フィル桂冠指揮者

東京芸術大学作曲科および指揮科の両科を卒業。作曲を石桁眞礼生、指揮を渡邉暁雄、山田一雄の各氏に師事。1974年第1回ブダペスト国際指揮者コンクール第1位、特別賞を受賞。

 

「プラハの春」国際音楽祭、アテネ音楽祭、ルツェルン・フェスティヴァル等、多くの音楽祭に出演。また、ヨーロッパの一流オーケストラを多数指揮。ハンガリー国立交響楽団およびネザーランド・フィルハーモニー管弦楽団のヨーロッパ・日本公演や、東京都交響楽団、読売日本交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団のヨーロッパ公演の指揮者、国際指揮者コンクール審査員、東京都交響楽団正指揮者、東京交響楽団客演指揮者、京都市交響楽団常任指揮者、ハンガリー国立交響楽団音楽総監督・常任指揮者、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団常任客演指揮者、日本フィル、名古屋フィルハーモニー交響楽団音楽監督、マタヴ・ハンガリー交響楽団首席客演指揮者、アーネム・フィルハーモニー管弦楽団常任指揮者などを歴任。

 

ハンガリー政府よりリスト記念勲章、ハンガリー文化勲章、星付中十字勲章(民間人としては最高の勲章)、2010年にはハンガリー文化大使の称号を授与される。2011年に文化庁長官表彰を受賞。

 

現在、ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団、日本フィル、名フィル桂冠指揮者、読売日本交響楽団特別客演指揮者、九州交響楽団首席客演指揮者、東京芸術大学、東京音楽大学およびリスト音楽院名誉教授。

 

ポニーキャニオン、オクタヴィア・レコードの両社から数多くのCD・DVDが発売されている。著書にエッセイ集『指揮者のひとりごと』(日本図書協会選定図書)。また、2000年の日蘭交流400周年に作曲を委嘱され、両国をモチーフにした管弦楽曲「パッサカリア」を作曲(CDはオクタヴィアから)。ネザーランド・フィルにて初演され、4日間にわたり満員の聴衆の熱狂的スタンディング・オヴェイションで迎えられた。

 

2002年5月、「プラハの春」国際音楽祭オープニング・コンサートの指揮者に東洋人として初めて起用される。大統領臨席のもとチェコ・フィルと『わが祖国』全曲を演奏し、スメタナ・ホール満場の聴衆からのスタンディング・オヴェイションが長く続いた。また、コンサートの模様は全世界に向け同時放送され、日本人初の快挙として国内外の数多くのメディアに紹介された(同公演のDVDはコロムビア・ミュージックより発売中)。

 

2003年6月にはハンガリー国立フィルを率いての日本公演を指揮、同年9月には十数年ぶりにオペラに登場、プッチーニ『蝶々夫人』(二期会公演)を指揮。2005年6月にはマリンスキー・ヤング・フィルハーモニー管弦楽団との日本公演、2006年5月には日本フィルの創立50周年記念ヨーロッパ公演、2007年および2009年にはオランダのアーネム・フィルとの日本ツアーを指揮し、好評を博した。国内外のオーケストラへの客演も数多く、現在最も活躍し注目されている指揮者である。2012年7月より東京文化会館の音楽監督に就任。

PAGE TOP