川瀬賢太郎

川瀬賢太郎

正指揮者

Photo: Yoshinori Kurosawa
1984年東京生まれ。私立八王子高等学校芸術コースを経て、2007年東京音楽大学音楽学部音楽学科作曲指揮専攻(指揮)を卒業。これまでにピアノ及びスコアリーディングを島田玲子、指揮を広上淳一、汐澤安彦、チョン・ミョンフン、アーリル・レンメライトの各氏に師事。2005年レインボウ21デビューコンサート2005(サントリーホール)に出演。
2006年10月に行われた東京国際音楽コンクール<指揮>において1位なしの2位(最高位)に入賞し、2007年3月には入賞デビューコンサートで神奈川フィルハーモニー管弦楽団及び大阪センチュリー交響楽団を指揮。
その後、東京交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団、札幌交響楽団、読売日本交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団をはじめ、各地のオーケストラから次々に招きを受ける。また、2009年6月群馬交響楽団定期公演に、2010年東京フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団の定期公演にそれぞれデビューを果たす。
2012年1月には、細川俊夫作曲/平田オリザ演出『班女』広島公演を指揮し、オペラ・デビュー。
海外においても2008年と2011年にイル・ド・フランス国立管弦楽団と共演、また、2012年にはユナイテッド・インストゥルメンツ・オヴ・ルシリンと細川俊夫作曲のモノドラマ『大鴉』オランダ初演を成功させ、2014年には『大鴉』日本公演として、東京、広島それぞれの公演を成功裡に終えた。
2015年2月には、細川俊夫『リアの物語』新演出を広島にて指揮、喝采を浴びる。また、2015年9月にはひろしまオペラルネッサンス公演にてモーツァルト『フィガロの結婚』を、2016年11月には日生劇場のNISSAY OPERA2016にてモーツァルト『後宮からの逃走』を、2017年3月にはiichiko総合文化センター・神奈川県民ホール・東京二期会・神奈川フィルハーモニー管弦楽団による共同制作公演のモーツァルト『魔笛』を指揮、躍動感溢れる演奏を聴衆に届けた。
2007~2009年パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)アシスタント・コンダクター。
現在、名古屋フィルハーモニー交響楽団正指揮者、神奈川フィルハーモニー管弦楽団常任指揮者、オーケストラ・アンサンブル金沢常任客演指揮者、三重県いなべ市親善大使。
2015年渡邉暁雄音楽基金音楽賞、第64回神奈川文化賞未来賞、2016年第14回齋藤秀雄メモリアル基金賞、第26回出光音楽賞、第65回横浜文化賞文化・芸術奨励賞を受賞。東京音楽大学作曲指揮専攻(指揮)特任講師。

● 2021.4-2022.3シーズン 出演演奏会
2021年7月15日 第77回市民会館名曲シリーズ
〈リクエスト・コンサート第2弾〉
2021年12月10,11日 第496回定期演奏会
〈川瀬賢太郎のロット〉
2022年3月31日 第80回市民会館名曲シリーズ
〈愛知県立芸術大学+名フィル スペシャル・ジョイント・コンサート/川瀬賢太郎の三大バレエ〉
PAGE TOP