小泉和裕

小泉和裕

音楽監督

2016年4月、名フィル音楽監督に就任。

京都生まれ。1969年東京藝術大学指揮科に入学、山田一雄氏に師事。1970年第2回民音指揮者コンクール第1位受賞。

1972年7月、新日本フィル創立に際し、指揮者として参加。同年ベルリンのホッホシューレに入学し、ラーベンシュタイン教授にオペラ指揮法を師事。
1973年、第3回カラヤン国際指揮者コンクールに第1位入賞。その後ベルリン・フィルを指揮してベルリン・デビューを飾った。
1975~1979年、新日本フィル音楽監督を務める傍ら、1975年ベルリン・フィル定期演奏会に登場、1976年フランス国立放送管を指揮しルービンシュタイン、ロストロポーヴィチとも協演、同年ザルツブルク音楽祭でウィーン・フィルを指揮、その後もミュンヘン・フィル、バイエルン放送響等、ヨーロッパ各地において精力的な指揮活動を行なった。また、アメリカにおいても、1978年ラヴィニア音楽祭でシカゴ交響楽団を指揮し大成功を収めた後、1980年シカゴ響定期公演に登場し注目を集めた。その他、ボストン響、デトロイト響、シンシナティ響、トロント響、モントリオール響などにも客演。
1983~1989年カナダのウィニペグ響の音楽監督、1986~1989年東京都交響楽団の指揮者を歴任。ロンドンのロイヤル・フィルには1988年より定期的に招かれ、数々の名演を残すとともにチャイコフスキーの交響曲第4、5、6番のディスクを完成させた。
1989~1996年九州交響楽団首席指揮者、1992~1995年大阪センチュリー交響楽団首席客演指揮者、1995~1998年東京都交響楽団首席指揮者、1998~2008年東京都交響楽団首席客演指揮者、2003~2008年大阪センチュリー交響楽団首席指揮者、2006~2018年仙台フィル首席客演指揮者、2008~2013年東京都交響楽団レジデント・コンダクターおよび日本センチュリー交響楽団音楽監督を歴任。

現在名フィル音楽監督のほかに、東京都交響楽団終身名誉指揮者、九州交響楽団音楽監督、神奈川フィル管弦楽団特別客演指揮者を務める。

出演演奏会

● 2018.4-2019.3シーズン 出演演奏会
2018.4/11 第61回市民会館名曲シリーズ
〈ベートーヴェン・ツィクルスVI〉
2018.6/15,16 第456回定期演奏会
〈ドストエフスキー『死の家の記録』〉
2018.8/28 第62回市民会館名曲シリーズ
〈ベートーヴェン・ツィクルスVII〉
2018.10/12,13 第461回定期演奏会
〈ゲーテ『ファウスト』〉
2018.12/7,84 第463回定期演奏会
<メーテルランク『ペレアスとメリザンド』>
2019.1/10 第65回市民会館名曲シリーズ
〈ベートーヴェン・ツィクルスⅩ/日本音楽財団ストラディヴァリウス・シリーズ4「ロード・ニューランズ&フォイアマン」〉
2019.3/22,23 第466回定期演奏会
<ニーチェ『ツァラトゥストラ』>
PAGE TOP