<公演中止>
第479回定期演奏会
〈「生誕250年記念 トリビュート・トゥ・ベートーヴェン」シリーズ/克服〉

<公演中止>
第479回定期演奏会
〈「生誕250年記念 トリビュート・トゥ・ベートーヴェン」シリーズ/克服〉

定期演奏会

2020.5.15 (金) 18:45 / 16 (土) 16:00

愛知県芸術劇場コンサートホール

出演

  • ジェフリー・パターソン(指揮)
  • 本條秀慈郎(三味線)*

プログラム

<公演中止のお知らせ>

ご来場のお客様の健康・安全を考慮し、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を最小限にとどめるため、中止とさせていただきます。

ご来場を予定されていた皆様には申し訳ございませんが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

 

払い戻し方法にこちらをご確認ください。

 

※5月15日(金),16日(土)の会場での払い戻しは行いません。

※お持ちのチケットは無くされないように、大切に保管をお願いいたします。

また未発券の方は、必ずご発券の上、保管をお願いいたします。

 

今後の公演につきましては、随時公式ウェブサイト内「ニュース」にてお知らせいたします。

最新の情報にご注意くださいますよう、お願いいたします。


ラヴェル:クープランの墓

藤倉大:三味線協奏曲[長谷川綾子と本條秀慈郎による委嘱作品/管弦楽版・日本初演]*

ディーン:テスタメント-管弦楽のための音楽(ベートーヴェンのハイリゲンシュタットの遺書による)[管弦楽版・日本初演]

ベートーヴェン:交響曲第2番ニ長調 作品36

料金

S席:¥6,400

A席:¥5,200 

B席:¥4,200

C席:¥3,200
D席:¥2,200

Y席:¥1,000(25歳以下対象・当日券のみ)

託児サービス対象公演

聴きどころ

「トリビュート・トゥ・ベートーヴェン」シリーズの2回目には、ベートーヴェンが進行する難聴への絶望と、それを克服し芸術に生きる覚悟を記した「ハイリゲンシュタットの遺書」と同時期に書き上げた《交響曲第2番》と、その遺書の根底にある静かな情熱にインスピレーションを受けて作られたオーストラリアの作曲家ブレット・ディーンの《テスタメント》を、初来日となるイギリスの俊英指揮者ジェフリー・パターソンを迎えて演奏します。また前半には、三味線の「さわり」に魅了されたという藤倉大の《三味線協奏曲》を、委嘱者であり国内外において三味線の新たな地平を切り開いている本條秀慈郎をソリストに迎え、和と洋の融合を実現します。

その他プレイガイド

助成

文化庁文化芸術振興費補助金

(舞台芸術創造活動活性化事業)

独立行政法人日本芸術文化振興会

託児サービスのご案内

名フィルでは、主催公演の会場内に一時託児室を設置し、開演中のみお子さまをお預かりするシステムを導入しています。

※愛知県芸術劇場、日本特殊陶業市民会館、豊田市コンサートホール、名古屋市公会堂での公演のみ

お子さま1名につき ¥1,000(税込)

※未就学児童(満1才以上)が対象です。

※サービスのご利用には、演奏会の3日前(土・日・祝除く)の17:30までにご予約が必要です。

PAGE TOP