田野倉 雅秋

田野倉 雅秋

名フィル コンサートマスター

東京に生まれ、4歳よりヴァイオリンを始める。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学に進学。その後スカラシップを得てニューヨークのジュリアード音楽院へ留学し、学士号を取得する。また、平成12年度文化庁派遣芸術家在外研修員として、700日間の研修を行なった。これまでにアスペン音楽祭、モスクワ・コンセルバトリア・マスターコース・イン・ジャパン、京都フランス音楽アカデミーに参加しているほか、故・小国英樹、原田幸一郎、清水高師、川崎雅夫、故ドロシー・ディレイ、チョーリャン・リンの各氏に師事している。

 

数多くの著名コンクールで優勝、上位入賞を果たしており、1991年、第45回全日本学生音楽コンクール東京大会中学生の部で第1位を獲得。続いて1995 年に日本音楽コンクール第2位受賞。1996年にはロン・ティボー国際ヴァイオリン・コンクールにてセミ・ファイナリストになる。1998年、米国コロラド州のアスペン音楽祭において開催されたコンチェルト・コンクールに優勝し、ラン・シュイ指揮の下、アスペン・コンサートオーケストラとバルトークのヴァイオリン協奏曲第2番を演奏する。同年、第4回フォーバルスカラシップ・ストラディヴァリウス・コンクールで第2位受賞。2000年には若手演奏家の登竜門として名のある第6回カール・ニールセン国際ヴァイオリンコンクール(デンマーク)で優勝、受賞リサイタルを開催し、好評を博した。

 

学生時代より国内外で積極的に演奏活動を行なっており、フランス、アメリカ、日本にてリサイタルを開催している。オーケストラとの共演では、第4回ABCフレッシュコンサートで外山雄三指揮大阪フィルハーモニー交響楽団とヴュータンのヴァイオリン協奏曲第5番を大阪のザ・シンフォニーホールにおいて演奏し、テレビ放映されているほか、日本フィルハーモニー交響楽団(指揮:渡邊一正)、広島交響楽団(指揮:秋山和慶)、N響団友オーケストラ(指揮:大友直人)等がある。また、2001年11月にヤン・ワーグナー指揮オーデンセ交響楽団とコルンゴールドのヴァイオリン協奏曲のデンマーク初演を飾り、各方面に好評を博している。また2004年8月にはチェコ共和国のプラハ市で開催された国際音楽祭ヤング・プラハにソリストとして招かれ、チェコ国民劇場管弦楽団との共演でブラームスのヴァイオリン協奏曲をドヴォルザークホールにて演奏した。

 

現在、ソロ活動のほか、アンサンブルにおいても国内外の多くの優秀な演奏家と魅力的なコンサートを行なっており、別府アルゲリッチ音楽祭では室内楽マラソン・コンサートに出演しているほか、アペルト弦楽四重奏団、室内オーケストラ「アルクス」のメンバーとして日本各地において精力的に活動している。2004年5月には広島交響楽団のコンサートマスターに就任(2014年3月退任)。2012年4月より名古屋フィルハーモニー交響楽団コンサートマスター、2012年9月より大阪フィルハーモニー交響楽団特別客演コンサートマスターを兼務し、2014年4月より同団首席コンサートマスターに就任。これまでに仙台フィルハーモニー管弦楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、東京交響楽団 、大阪フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団、兵庫芸術文化センター管弦楽団の客演コンサートマスターとしても出演し、今後益々の幅広い活躍が期待されている。

PAGE TOP