<公演中止>
第480回定期演奏会
〈「生誕250年記念 トリビュート・トゥ・ベートーヴェン」シリーズ/荘厳〉

<公演中止>
第480回定期演奏会
〈「生誕250年記念 トリビュート・トゥ・ベートーヴェン」シリーズ/荘厳〉

定期演奏会

2020.6.19 (金) 18:45 / 20 (土) 16:00

愛知県芸術劇場コンサートホール

出演

  • 小泉和裕(指揮/名フィル音楽監督)
  • 並河寿美(ソプラノ)
  • 福原寿美枝(メゾ・ソプラノ)
  • 吉田浩之(テノール)
  • 山下浩司(バス・バリトン)
  • 岡崎混声合唱団、愛知県立岡崎高等学校コーラス部(合唱)
  • 近藤惠子(合唱指導)
  • 小泉和裕(指揮/名フィル音楽監督)
  • 並河寿美(ソプラノ)
  • 福原寿美枝(メゾ・ソプラノ)
  • 吉田浩之(テノール)
  • 山下浩司(バス・バリトン)
  • 岡崎混声合唱団、愛知県立岡崎高等学校コーラス部(合唱)

プログラム

<公演中止のお知らせ>

ご来場のお客様の健康・安全を考慮し、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を最小限にとどめるため、中止とさせていただきます。ご来場を予定されていた皆様には申し訳ございませんが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

 

▼払い戻し方法はこちら

※6月19日(金),20日(土)の会場での払い戻しは行いません。

※お持ちのチケットは無くされないように、大切に保管をお願いいたします。また未発券の方は、必ずご発券の上、保管をお願いいたします。

 


ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス ニ長調 作品123

※本公演に休憩はございません。

料金

S席:¥7,400

A席:¥6,400 

B席:¥5,200

C席:¥4,200
D席:¥3,200

Y席:¥1,000(25歳以下対象・当日券のみ)

託児サービス対象公演

聴きどころ

名フィル定期では1997年3月以来の演奏となる、「荘厳ミサ曲」こと《ミサ・ソレムニス》。「第九」と並ぶ晩年の大作ですが、小泉音楽監督は2015年に東京・九州でこの作品を指揮した際の印象について、次のように語っています。「オーケストラと合唱団、ソリストと一緒に実際の音を出してみると、礼拝のための作品という枠を超えてベートーベンが追い求めた世界で心がつながっていきました。演奏者と指揮者が共感し、共鳴する作用から音楽が生まれます。それが聴衆と響き合い、さらに素晴らしい世界が現れます。僕にとってこれ以上に難しい作品はなかったのですが、これ以上に喜ばしい作品はないと感動しました。」(2016年6月6日産経新聞朝刊より)

その他プレイガイド

助成

文化庁文化芸術振興費補助金

(舞台芸術創造活動活性化事業)

独立行政法人日本芸術文化振興会

 

公益財団法人アフィニス文化財団  

特別協賛

矢作建設工業株式会社  

託児サービスのご案内

名フィルでは、主催公演の会場内に一時託児室を設置し、開演中のみお子さまをお預かりするシステムを導入しています。

※愛知県芸術劇場、日本特殊陶業市民会館、豊田市コンサートホール、名古屋市公会堂での公演のみ

お子さま1名につき ¥1,000(税込)

※未就学児童(満1才以上)が対象です。

※サービスのご利用には、演奏会の3日前(土・日・祝除く)の17:30までにご予約が必要です。

PAGE TOP