「夢いっぱいの特等席」福祉コンサート 名古屋公演

「夢いっぱいの特等席」福祉コンサート 名古屋公演

特別演奏会

2017.11.30 (木) 11:00am / 2:00pm

名古屋国際会議場 センチュリーホール

出演

  • 大井剛史(指揮,お話)

プログラム

アンダーソン: フィドル・ファドル

【楽器紹介コーナー】

 アンダーソン: 踊る子猫

Jos.シュトラウス: ポルカ『憂いもなく』 作品271

【みんなで歌おう!】いずみたく[杉浦哲郎編]: 手のひらを太陽に

【みんなで歌おう!】スペイン民謡[カジノユキ編]:  幸せなら手をたたこう

チャイコフスキー: バレエ『くるみ割り人形』組曲 作品71aより「花のワルツ」

料金

一般: ¥500

※1F席前方の席は、障がいのある方々が使用されます。一般のお客さまにはお座りいただける座席を当日会場にて指定し、入場時にご案内いたします。

※3歳未満保護者ひざ上に限り無料

聴きどころ

「音楽の喜び・楽しみをすべての人へ」

名フィルでは1999年より、障がいのある方々にも気軽にオーケストラの演奏を楽しんでいただきたいとの想いから、「夢いっぱいの特等席」福祉コンサートを愛知・岐阜県下で開催しています。2009年からは広く地域の方々や、小さいお子さまもご来場いただけるようになりました。
「共存」をテーマに、演奏中に自由に声や音を出して、身体全体で音楽をお楽しみいただけるコンサートです。ご理解のうえ、広くたくさんの人にオーケストラの素晴らしさをご体験いただきたいと願っております。「夢いっぱいの特等席」福祉コンサートの特徴
・寝転んで、手足を伸ばして演奏を楽しむことのできる《のびのび鑑賞席》にはカーペットを敷き詰め、踊っていただくこともOK!
・車椅子でのご来場者は、広大な《車椅子スペース》へとご案内
・《補助犬》とのご来場も大歓迎!
・演奏中の出入り、歓声、拍手などは自由! 安心して演奏を楽しめるよう、《明るい客席》では客席の照明も落としません。
・安心してご来場いただくための《ボランティア・スタッフ》を各所に配置。
・視覚に障がいのある方のため《点字プログラム》も準備

その他プレイガイド

助成

rogo_upper

この演奏会は、競輪の補助を受けて開催します。

 

PAGE TOP